fukidasi

最近、思うこと

2020.2.3


こんにちは、やまです。
中々、このようなブログを書くこともないので、正直、何を書いて良いのか分かりませんが、日頃、思うことを書きたいと思います。


私は、もう社会人として20年経ちますが、世の中が良い方向に向っているのではないかと感じることが多々、あります。

それは、紛れもないインターネットの普及によって、日本だけはなく、世界の人と繋がれることや知ること、情報の格差がなくなってきていると思います。

私は、地方出身なのですが、当時はインターネットはなく、携帯電話やPHS、ポケベルも持っていませんでした。
大学生の時にポケベルが流行った世代です。
今では考えられないかもしれませんが、そういう時代でした。
情報も本かテレビだけでした。

勉強する時は、教科書や参考書などの本(紙)から学ぶしかなかったですが、最近は、小学校でもインターネットを駆使して授業をしているようです。

「時代」と言えば、それで終わりますが、今度、自分で勉強しようと思ったら、スマホで調べられる手軽さもあり、本当に便利になったと思います。

「時代」で言えば、ここ最近、話題になってきているハラスメント、ことパワハラは、私が新卒の時には、当たり前にされてきましたが、現在では、当たり前にやってはいけないことに変わってきています。

これは、本当にどちらの立場にとってもとても良いことだと思います。

と言いますのは、言われる側は、当然、強い口調で言われなくなりますので、精神的なストレスを受けにくくなるのはお分かりだと思いますが、言う側が、感情的ではなく、言われる側に立って、どう伝えれば、伝わるか、もっと言えば、どのように言えば、実行してくれるかを考えさせられることになるからです。
逆に言うと「怒る」「怒鳴る」または、「精神的に負荷を与えること」は、考えていない証拠だと思います。
そうすると必然的に「怒る」「怒鳴る」ということはしなくなると思います。

これは、子供に対しても同じだと思います。良く怒ってしまう私は、何も考えていないから怒るのだと反省します。

言うは易し行うは難し。

私もこの「時代」に合った形で子供に接していこうと思う、今日この頃でした。




お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.