fukidasi

庭の柚子の木事情

2019.7.16


はじめまして、ちゃっこです。


ちゃっこ家の猫の額ほどの庭には、柚子の木が3本あります。
品種はバラバラで本柚子、花柚子、獅子柚子です。
なぜこんなに柚子だらけなのかというと、父が間違えて購入したのが原因です。

最初に普通の柚子の木が欲しいと、父が誤って購入して来たのが獅子柚子でした。
名前の通り獅子のようにゴツゴツとしていてとても大きく実る柚子です。毎年大量になるのですが、本柚子に比べ香りも味もあまりしないため観賞用にしかなりません。
柚子湯に紛れ込ませるにもそんなにいらないので、家の塀の上に並べて『ご自由にどうぞ』と張り紙をし、ご近所さんに持っていって貰っています。

やはり普通の柚子の木が欲しいと、2本目に買ったのが花柚子です。前回の失敗から父と私で買いに行きました。
花柚子は庭先で育てるのに最適な柚子の木で、本柚子と比べると短い年数で実をつけることが可能です。
購入時から花が咲いている木を選んだため、その年は柚子湯にして楽しみました。

そして本柚子の木ですが、なんと家を建てたばかりの頃に植えた蜜柑だと思っていた木が本柚子でした。
全然蜜柑がならないため伐採しようとする父を必死で止めていたところ、ようやく去年2つだけ実をつけ、蜜柑ではなく柚子の木だったことがわかりました。
購入してきた父に問い質したところ、蜜柑ではなく柚子だったかもしれないと言い出す始末。どれだけ柚子の木を植えたかったのやら。
『桃栗三年、柿八年、柚子は大馬鹿十八年』と言いますが、この言葉通りうちの本柚子は植えてから18年経ってようやく実がなりました。

これでようやく自家製の柚子で柚子湯が楽しめるようになるのかと思いきや、今年は本柚子、花柚子ともに実をつけていません。獅子柚子だけは恐ろしいくらい実をつけています。
今年の冬至も市販の柚子と獅子柚子が湯船に浮かびそうです。

獅子柚子が欲しい方がいらっしゃいましたら言ってください。
本柚子、花柚子がたわわになる方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。




お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.