fukidasi

引っ越しのはなし

2019.10.8


初めまして、最近引っ越しをしたビリ子と申します。


私は出身も東京のため、そもそも引っ越す必要ないのでは?としばしば言われますが、住む場所を変えるというのは手っ取り早い気分転換になります。

とはいえ、引っ越し前の一週間というのはなかなか過酷です。
狭い部屋は積まれた段ボールで立体迷路と化し、ヘタをすれば自ら作り出したルートにより部屋から出られなくなります。
また、どさくさに紛れて行う断捨離でゴミ袋がどんどん増えていくため、その間 最大の関心事は【ゴミの回収日】になります。
ゴミを道連れに引っ越すことだけは避けたいですからね…。
さらに、来る当日までに冷蔵庫を空にするべく「その日の気分ではないものを食べる」という地味な苦痛も伴うため、何となく体重が減ります。(気のせいかも知れません)

しかしこのような苦行(?)を強いられているうちに、あんなに気に入っていた部屋も随所にアラが見えはじめ、次の環境が楽しみになってくるので人間とは都合のよいものです。
ポジティブと言えば聞こえは良いでしょうか。
何はともあれ、引っ越しの苦労とは次なる環境への必要な通過儀礼と言えましょう。

さて、東京と言えども都心から一時間離れると空気が違います。
もう少し涼しくなったら秋の澄んだ空気の中、多摩川沿いをジョギングでもしてリフレッシュしようと目論んでいます。

それではまた。




お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.