【第十一回】業務マニュアルとは?

「【第一回】 マニュアルいろいろ」の記事で、製品マニュアルや業務マニュアル、そして教育マニュアルについて紹介しました。
今回は、その中の「業務マニュアル」について、さらに掘り下げて説明していきます。

①業務マニュアルとは

業務マニュアルとは、社内向けの業務をスムーズに遂行することを目的としたマニュアルです。

業務は、「品質の良さ」と「スピード」の両輪が必要です。
仕事には納期がありますから、品質のみを追い求めるにも限界がありますし、またスピードが早くても品質が悪ければ意味がありません。

業務マニュアルがあることによって、品質の維持と効率化が確保されるので、結果、業務の向上へと繋がります。

②品質の維持

では、なぜ業務マニュアルがあると品質の維持ができるのでしょうか。

1つは「業務の見える化」が実現するので、新入社員であっても同じように業務を遂行することができるからです。

口伝えだけでは、新入社員の誰もが一度で理解して覚えられるとは限りません。
まず、業務の全体像を把握できるように、何をなぜどのように行うのかを明確にまとめておくことで、何度も説明する必要がなくなります。

また、突然担当者が変わることも良くありますので、引き継ぎができない場合であっても、業務マニュアルがあれば品質を損なうことなく業務を遂行することができます。

③効率化

業務マニュアルがあると、品質の維持に加えて効率化も可能です。

例えば、複数人で業務を行うとき、スキルや知識、習熟度の差がある場合があります。
しかし、業務マニュアルがあれば、各々の力量に頼りすぎることなく均一に遂行することができ、無駄を省けます。

優秀な人材への負担を軽くし、誰もが業務を同じようにこなせることで、効率化が実現します。


■ドキュメントサービス部では
ご予算や内容に合わせた業務マニュアルの作成をご提案いたします。


お問い合わせだけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。


お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.