【第七回】マニュアル制作の材料

マニュアル制作をするうえで情報の収集もとても重要です。

①ソフトウエアのマニュアル

仕様書等資料の読み込みと並行して実際のソフトウエアを動作させながらライティングをすすめます。
資料の読み込みだけではなく、ソフトウエアを動作させ実際の動きをみることでユーザー目線になることができ、理解しやすい説明をすることができます。
また、マニュアルに掲載するスクリーンショットもソフトウエアを動作させながら採取します。

②ハードウエアのマニュアル

ソフトウエアのマニュアル同様、仕様書や資料の情報確認と並行して、実際のハードウエアの形状や機構を取材して、ライティングをすすめます。
また、マニュアルに掲載する製品写真や、イラストの下地として取材時に撮影も行います。

場合によってはソフトウエア・ハードウエアがまだ完成状態ではない場合もあり、完成の構想等ご担当者様に確認・取材を行いながら制作をすすめることも多くあります。そういった機会を得ることで、さらに製品への理解度が深まります。


■ドキュメントサービス部では
弊社では、「情報収集」「情報確認」も含めて、現状のマニュアル評価と改善提案を承っております。


お問い合わせだけでも構いませんので、お気軽にご連絡ください。


お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.