ball

双子育児の苦楽

2018.05.14


はじめまして。
3歳男子と1歳男女の双子を育てております「んだ」と申します。


双子は見ている分にはとても可愛いですが、育てるとなると苦労が多いです。

オムツ替えやお風呂や夜泣きの手間は通常育児の2倍。
保育園への登降園は、片手に大量の荷物、もう片方に長男の手を握って、双子はおんぶと抱っこの両刀スタイルです。この凄まじい姿に初見の方はだいたい二度見します。
育児の苦労を語りだしたら1日あっても足りないくらいですが、双子育児ならではの意外な楽しみもあります。


それは「他人との会話」です。


双子連れで外出すると100%誰かに話しかけられます。老若男女問わず。
「可愛いですね」「頑張ってください」という言葉はもはや挨拶がわり。「うちの子も双子で・・・」と身の上話を始める方もいます。同じように双子連れのママと妊娠出産時の苦労について熱く語ったり、時には「かわいい!一人くれ!」と詰め寄るおじいさんもいたりしてw

双子連れでなければすれ違うだけの他人と、立ち止まってちょっとした会話を楽しむ。
他人との会話を面倒だと感じる方もいると思いますが、私にとっては双子がもたらしたささやかな楽しみとなっています。

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.