ball

日常に感謝

2020.6.16


お久しぶりです。んだです。


緊急事態宣言が解除され、弊社も部分的にテレワークを継続していますが、概ね日常生活が戻りつつあります。

今回の自粛生活では、いろいろと学ぶことが多かったのですが、子育て中の身としては、やはり保育園のありがたさを痛感した日々でした。

我が家は保育園児が3人いて、片親でも在宅勤務をしている場合は預かり不可だったため、日中ずっと子供たちを看ながら仕事をしていました。
が、、やはり、、(秩序のない)子供を看ながらの仕事は予想以上に大変です。
5秒に1度は誰かが「ママー」と呼ぶ。
3分に1度は誰かと誰かがケンカして泣く。
目を離した瞬間に何かを破壊する。
静かだなー(嬉しいな)と思っているといたずらも佳境。。
といった具合です。
締め切りのある仕事の場合は、焦りだけが空回り・・・という状況も多々ありました。
まさに精神崩壊寸前で「緊急事態宣言解除」に助けられました。

世の同じ状況で自粛生活を送っていた親御さんには、心からお見舞い申し上げます。
そして、子供を預けて仕事をすることができる日常に改めて感謝です。

ball

絶対に負けない「あっち向いてホイ」

2019.11.26


お久しぶりです。「んだ」です。
子供たちはすくすと育ち、上の子が5歳、下の双子が2歳半となりました。


前回双子育児について書きましたので、今回は上の子のお話を。

5歳くらいになると「しりとり」や「じゃんけん」が(まっとうに)できるようになります。
長男もやはり「しりとり」や「じゃんけん」が大好きで、よく親子で遊んでいます。
半年ほど前、この「じゃんけん」である発見をしました。
長男は「最初はグー!」の時点で、「グー」ではなく、この後出そうとする「手」を出してしまうのです(笑)
このおバカ具合が親としてはたまらなく可愛いです。
母はこれを「絶対に負けないじゃんけん」と命名して遊んでいました。(大人として最低ですwすみません。)

ところが、この半年で彼は急成長を遂げ、ちゃんと「最初はグー!」ができるようになりました。
嬉しい半面ちょっと寂しいような・・・複雑な気持ちです。

しかし、つい先日「あっち向いてホイ」で遊んでいたときに、また発見してしまったのです。
彼は「ホイ!」の指を見てから顔をホイ!するので、どうしてもつられてしまうということを。
おバカ全開ですが、これが可愛すぎてお腹がよじれるくらい笑ってしまいます。
母はまたしてもこれを「絶対に負けないあっち向いてホイ」と命名し、しばらく楽しむつもりです。(今のところ全勝です)

あっち向いてホイ!で息子に負ける日がくるのが待ち遠しいです・・・(泣)

ball

双子育児の苦楽

2018.05.14


はじめまして。
3歳男子と1歳男女の双子を育てております「んだ」と申します。


双子は見ている分にはとても可愛いですが、育てるとなると苦労が多いです。

オムツ替えやお風呂や夜泣きの手間は通常育児の2倍。
保育園への登降園は、片手に大量の荷物、もう片方に長男の手を握って、双子はおんぶと抱っこの両刀スタイルです。この凄まじい姿に初見の方はだいたい二度見します。
育児の苦労を語りだしたら1日あっても足りないくらいですが、双子育児ならではの意外な楽しみもあります。


それは「他人との会話」です。


双子連れで外出すると100%誰かに話しかけられます。老若男女問わず。
「可愛いですね」「頑張ってください」という言葉はもはや挨拶がわり。「うちの子も双子で・・・」と身の上話を始める方もいます。同じように双子連れのママと妊娠出産時の苦労について熱く語ったり、時には「かわいい!一人くれ!」と詰め寄るおじいさんもいたりしてw

双子連れでなければすれ違うだけの他人と、立ち止まってちょっとした会話を楽しむ。
他人との会話を面倒だと感じる方もいると思いますが、私にとっては双子がもたらしたささやかな楽しみとなっています。

お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.