ball

プレママ奮闘記 vol.2

2017.11.13


プレママ「よしみ」です。
妊娠5カ月目、やっと安定期に入りました。


初期は「何かあってはいけない!」と思って神経質になり過ぎていたので、安定期になったとたん、ずっと我慢していたラーメンを食べました。
あぁ幸せ。

そして、今日は安定期に入って初めての健診でした。

弊社はフレックス制度を導入しているので、
定期健診は、会社の出社を遅らせて朝イチでいっています。
業務さえ調整できていれば自分の判断でOKなので助かります。

1か月ぶりにわが子は、びっくりするほど大きくなっていました。
性別も分かりました。
これからは「ぱかすけ」という愛称で呼ばせていただきます。
(アルパカ好きなので)

先生が
「子供はお母さんの食べたもので大きくなるんだよ。」
「お母さんがうれしい時は一緒にうれしいんだよ」
とおっしゃっていました。

ラーメンを思い出しました。

栄養バランス面では…、ほめられたものではないです。
でもお母ちゃんは幸せにいただきました。

ぱかすけ、今回は相殺にしてください。
今後はなるべく別の方法で幸せを感じるようにしますから。



ball

親が思う以上に子供は親を見ている

2017.10.10


はじめまして。
時短勤務制度絶賛活用中の「ハラ美」です


ある朝、ゴミ出しのためにサンダルを履いた私に4歳の娘がひとこと。

「ママ、今日はどうしてコトコトのお靴じゃないの?お仕事おやすみ?」

いつの頃からか通勤用パンプスをコトコトの靴――履いて歩くとヒールがコトコト鳴るから――と娘は呼んでいます。
それを履かないからお仕事がお休みの日なのだと思ったそうです。

仕事に家事に育児にと目の回る忙しさで、
子供と向き合う時間は毎日ほんのわずかです。
もちろん子供にとってもわずかな時間しかママと過ごせていません。
そのわずかな時間の中でも、しっかりと見てくれているのですね。

驚くのは外見の変化に気付くだけでなく、
状況から母親の心まで読み取ってしまうことです。
気持ちが沈んでいる時にはしっかと抱きしめてくれます。
娘の愛情に涙がほろり・・・ぁ、コンタクトレンズ落ちた。ミエナイー
お後がよろしいようで。



ball

トーマスは別格

2017.10.03


パ太郎です。


息子はプラレールが好きです。
機関車トーマスのプラレールシリーズが特に好きです。

先日、「ヒロ」のプラレールをプレゼントしました。
これで息子のコレクションは、トーマス、エドワード、パーシー、トビー、ヒロの5個!
おニューのヒロがお気に入りになるかなと思いきや、
5個のプラレールを、こんな感じで走らせていました。



トーマスは、やっぱり別格なんですね。

僕の別格は仕事終わりのビールです。
毎日の日課として欠かせません。
仕事が大変だったときのビールは特に最高です。
でも、ビールのために仕事をしていると言っては過言です。


あ、トーマスだけハブられてるのかも!?


ball

朝ごはん

2017.9.29


はじめまして。
息子が残す朝ごはんが僕の朝ごはん、パ太郎です。


息子は誰に似たのかとてもよく食べます。
僕の朝ごはんがなくなります。
会社でお腹が鳴ります。
隣の席から白い目!

では、自分の分の朝食も用意するか。
そういう日に限ってたくさん残します。
無理やり食べます。
お太り!!


息子を保育園に送り届けるのは僕の役目。
出社する時間がギリギリになるので、朝食を会社で食べ直す時間はありません。

ですので基本的には午前中は空腹を抱え、
昼食も午後の業務効率を考えて少なめに、
そして夕飯をしっかりがっつり食べてしまいます。
とてもお太り!!!


息子が大きくなるころにもかっこいいパパでいられるように、
仕事もさることながら、体調管理にも気を使いたいですね。

みなさんの朝ごはん事情はいかがですか?


ball

プレママ奮闘記 vol.1

2017.9.28


妊娠3カ月目のプレママ「よしみ」です。
まもなく安定期!
とはいえ、とくにつわりもなく、通常営業中でございます。
これから産休までの間、これまで以上に頑張ります!


SECにはたくさんの育パパ・育ママがいます。

SECにはたくさんの育パパ・育ママがいます。
中でも、入社後に結婚をして、子供を授かって産休・育休に入り、復帰後にまたバリバリ働く女性が多い!

産休と育休で1年も不在になってしまうので、
周りに迷惑をかけてしまわないか心配でしたが、
同じ境遇を経験した仲間が支えてくれるのでありがたいです。

復帰後にも時短勤務ができるので、無理なく復職できる、経験者のお墨付き♪

ということで今の私の不安は、
子供のような私が、ちゃんと親として子供を育てていけるのかどうか、です・・・。

でも先輩から、心強い言葉をもらいました。

「生まれた赤ちゃんの可愛さを見たら今の不安なんか吹き飛ぶ!」
「あんたは抜けてるんだから、最初から自分が育ててもらうつもりで向き合えばいいよ」

やはり経験者の言葉の重みは違いますね・・・。

女性の強い会社は、いい会社です!


お問い合わせ
Copyright(c) 2015 Software Engineering CO.,LTD.